薄毛の前兆ときっかけ

薄毛の前兆ときっかけ

女性が薄毛に気づくのは、どんな時でしょうか。
男性と違って脱毛が増えるよりも、毛髪全体に元気がなくなるように感じられるのが、女性の薄毛に多いパターンです。毛髪にコシが無くなってヘアスタイルが決まらない、分け目の地肌が目立つ、束ねた時のボリュームが減った…など、毎日のスタイリングで薄毛の兆候に気づくことが多いでしょう。薄毛にいたるきっかけとして多いのは、まず加齢です。加齢以外では、妊娠・出産によるホルモンの変化が女性ならではの薄毛原因です。同じくホルモンバランスが大きく変化する更年期も薄毛が起こりやすい時期です。
妊娠・出産による薄毛は一時的な場合がほとんどですが、更年期以降は女性ホルモンの分泌量が少ない状態が続くので、薄毛の改善が難しくなります。女性に多い体質では、冷え症・肩などの凝り症だと薄毛になりやすいようです。どちらも血行不良からくる体質のため、毛髪の成長を左右する頭皮の毛細血管の血行も良くないと考えられます。ダイエットから薄毛になるケースもあります。毛髪はタンパク質から作られます。過度なダイエットで良質なタンパク質が不足すると、発毛にも影響があります。ダイエットをして体調を崩したり、肌荒れを起こした人は、毛髪にもトラブルが起こる可能性があります。